第二十七回 短編小説の集い「アイアン・マン〜青春の終わり」振り返り

// novelcluster.hatenablog.jp ご推察の通り、今回は過去の体験を下地に書いている。 ただ、主観の主の人物の感じ方は、実際の筆者とは違うっている。 もともとは実際のその時の心情を書くつもりであった。だからか、どうしても書くのが苦痛でたまらなかった。描き出すまでの時間がいつにも増して締め切りギリ…