池波正太郎をめざして

明日は明日の風が吹く

今の心境にあわせてブログ名を変更しました。どうぞよろしく。肩の力をさらに抜いてやります。

男の楽しみ(ちょっと池波正太郎風タイトル)、スーパー銭湯の話。

 

 明日のお題が楽しみなまさりんです。

 短編小説の集いのお題が明日の二〇日に発表されます。今度は何でしょうね。前回は「食」でした。みなさん、正攻法で攻めた人が多かったです。それを十枚で物語をつけて書くというのは、かなり高度な気がしました。だからか出品された方が手練が多かったですね。

 

 昨日は充実したネットライフを送ってしまいました。ちょっと時間に余裕ができたんですね。こういうのがずっとできると良いんですけど。ゆったりとした時間を過ごした後、映画を一本見て、そのあとスーパー銭湯に行ってきました。一番の目当ては、スチームサウナです。おっさんなんでしょうね。でも、あの発汗後の爽快感は他には代えがたいものがあります。って、スーパー銭湯の話は以前書いたかもしれませんね。

 入り口でお金を払って、脱衣所で脱ぐ。一応体重を量り、なかへ。まず軽く身体をあらったあと、炭酸泉に入ります。もう決まっているんですね。この炭酸泉、血行が非常に良くなるらしいです。五分くらいつかります。寒い日の夕方は、芋荒い状態になる人気の湯です。そして、

外に出ます。左手の一番奥にある、「源泉かけながし、化石温泉」というのに行きます。昨日は雨だったので、お客さんは少ないとみこんでいましたが、やはり少なかったですね。右手には、「寝湯」、「釜湯」のあるスペースがあり、その奥に「露天岩風呂」があります。

 この温泉、海底にあった塩分の強いお湯でして、ちょっと口に入るとすげえしょっぱい。でも、入ると皮膚がツルツルになるんです。私はちょっと肌にトラブルが出やすい性質なので、ここには必ず入ります。ツルツルになって良い気持ちです。

 そしてお目当てのスチームサウナへ。入って右側には階段状で下がる席が二段。段には厚手のタオルが敷かれています。下がった席の前には中央にテレビ、テレビの左右に温度を管理する機会があります。機械の前には、脱臭炭が何本か、学校にあるアルミのバケツに入れて置いてあります。はっきりいって、熱すぎて、匂いはわかりません。左手には上がる席が二段あります。この構造では、機械の前よりも、いちばん上に上がる方が、温度が高くなります。そこに座ってテレビを見ていました。「ダイエットに勤しむペット」特集でした。

 が、久しぶりだからか、四分くらいで出てしまいました。通常は六分くらい入って、それから水風呂というのを何度か繰り返します。

 で、もう一つのお楽しみ。それは人間観察です。水風呂というのは入る人によって、入り方が色々あります。入り口には階段があって、四段くらい下がります。私の身長は低い方ではないですが、腰くらいまで水に浸かります。私のベストポジションは水の出るすぐ前。ここは構造上、柱の位置が絶妙で、水に頭まで浸かるスタイルの私にとってはやりやすい場所です。背に壁、前に柱と、背中と足で突っ張り棒みたいにして、浸かります。これが一番やりやすい。

 なかにはいきなり階段のところから、潜水するように身を投げ出す人や、背泳ぎのようにしてぷかりと浮かんでいる人もいます。それはちょっと面白いのですが、子どもが指をさして笑っていました。お父さんがたしなめていましたが。子どもは、ハーフなのですが、なんかヨルダンとかパレスチナ系のお父さんと一緒にいました。水風呂で汗を流すためにある手桶で遊び始めます。なかに少量ずつ水を入れ、並べています。「それいくらなの」と聞くと、はにかんでどこかに行ってしまいました。

 露骨に男に興味をしめす人もいます。股間ばかりに注視し、嬉しそうに笑っている北村一輝似のお兄さんとかたまにいます。水風呂で、仰向けに潜って、どこかをじっと見ている人とか。

 色々な人がいて、面白いスペースなのがスーパー銭湯です。また行こうっと。(なんだこの文章)そうそう、ペット特集の後にお見合いスペシャル的な番組をやっていたのですが、美人とかかっこいいとか、並べるからそう思うだけで、絶対評価ではそうでもないな、と皮肉なことを考えてしまいました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ