今日の十分日記

今日の十分日記

原点回帰の雑記ブログ。十分で書ける内容をお届けします。十分以上書くときもあるけどね。十分以下もあるし。

まずいシュウマイの復活方法。良い線行ってるけど、六〇点かな。

 

 ゆるい糖質制限ダイエットをしているまさりんです。

1,まずいシュウマイを買ってしまった。

 はっきりいって、あまり効果がありません。ゆるいというのは、主食のご飯とかパンとか食べない程度の自称ダイエットです。もともと、それほど炭水化物をとっていなかったのか、やせていきません。

 

 シュウマイの復活方法を書くのですが、糖質を制限するのなら、シュウマイもあまりおすすめできない食材です。皮がいけないのです。シュウマイ100g(二人前)で19gだそうです。

 先日もレトルトシュウマイを成分表示を見てから、買って食べました。面白いことに、高いシュウマイはおいしくて、糖質量も多く、安いのはまずく糖質量が少ないです。もちろん、私が買ったのは、糖質量が少ないものです。決して安いものではありません。

 レンジでチンして食べました。

 ――パクッ。うっ、不味い。

 一口で不味いのが分かりました。

 なんというのでしょう。皮の感触と味しかしないのです。食い切った断面を見ました。一応肉らしきものが入っているように見えます。具に味がついてないのかな、とも思いました。チンする方法を間違えたのか、と思いパッケージを確認しましたが、問題ないようです。この日のシュウマイはなんとか食べました。

2,余ったシュウマイはなんとかならないのか。

 そのシュウマイはもう一パックあります。

 これをどうするか。カミさんは「そんなに不味いなら捨てちゃいなさい」と言っていましたが、どうにももったいない(これが太る原因)。シュウマイのパックを見ながらたたずんでしまいました。

 ――そういえば。

 思い出したことがあります。

 それは先日作ったハンバーグのこと。もちろん面倒なので、丸めてパックしたものを買ってきて焼いたのですが、このとき「フランベするとおいしいよ」という噂を聞いたのでその通りやってみると、フワフワでおいしいハンバーグになったのです。

 それに、昔母親が買ってきたシュウマイはよくフライパン焼いて食べていました。蒸すのではなく。これがおいしかった。もちろん、母親の買ってきたシュウマイが不味いのではなく、父親の方針で、我が実家にレンジはなかったのです。本当に、うちの父親はクソオヤジです。

 この二つを融合してみよう。捨てるよりマシだ。

3,実験開始! いや、調理開始!

・フライパンで焼く

フライパンでシュウマイを焼く

 油はオリーブオイルです。まずは焦げ目を付けます。昔、実家でやっていたときは、テフロンのフライパンではなかったので、くっついちゃって大変でした。テフロンなら平気です。

・フランベは無理。

日本酒で蒸し焼き

 日本酒を入れて、フランベしようと思ったら、チャッカマンが点火せず。仕方がないので、そのままふたをして蒸し焼きにしました。酒の量は大さじ三杯。酒がほぼ飛んだくらいで完成です。時間にして一〇分もやりませんでした。

・完成しました。

焼きシュウマイ

 わかりやすいようにひっくり返しました。焦げ目をどれくらい付けたかという目安になればということで。餃子の食べ方でおなじみ、酢胡椒でも食べてみました。

 酢胡椒とは、穀物酢に大量のブラックペッパーをかけたものです。胡椒を掬うように餃子に付けて食べると、めちゃくちゃうまいです。

酢胡椒

 

 こんな感じでね。

 下のシミは酢を。

 上のつぶつぶは黒胡椒です。ちなみに、黒胡椒がいいです。普通の胡椒はあまりおいしくない。

4,実食の結果

 つけるのは醤油が良いです。黒胡椒はあいませんでした。

 さて、シュウマイの方ですが、まずまずのおいしさまでは復活していました。ネットで調べてみると、揚げるとおいしいと書いてありました。もしかすると、もう少し油の量を増やすこと。そしてもっと焦げ目を全体に付けること。そして酒の量を増やして長時間蒸した方がおいしかったかも知れません。

 ただ、元のシュウマイに比べると段違いでおいしさが増しました。

 特にお子さんはシュウマイがおいしいのと同時に、味にうるさかったりしません? でもそんなに高いシュウマイばかり買えませんよね。そんなとき、この方法を応用して作ると、非常においしい物になると思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ