今日の十分日記

今日の十分日記

原点回帰の雑記ブログ。十分で書ける内容をお届けします。十分以上書くときもあるけどね。十分以下もあるし。

トップガンと愛と青春の旅だちーー十分日記

 

今日は都内に出かけた。

最寄りの駅についてから雨が降った。間に合わないかと思ったが、その前に帰ってきてよかった。行きがけに傘を持ってくるのを忘れたのに気づいたのだが、遅刻しそうだったので、そのまま来てしまったのだ。どうせ、駅と目的地の間を歩くくらいの移動距離しかないので、かまわないかと。そのあと、九州など西国が大変なことになっていると報道で聞いて、愕然とした。

愕然としたと言えば、北朝鮮ICBMの発射だ。

「日本にとっては」だが、ああいう閉じた国の発表は本当かどうかわからなくて困る。リスクに備える場合、適正なリスク評価が必要なのだろうけれど、あの国の発表をどこまで鵜呑みにしていいのかわからない。

往時の自民党の勢いであれば、「わからない」ことを傘に、軍拡を進めていくのだろうが(という表現を使うと、左的な印象を与えるのだろうか)、都議選で歴史的惨敗を喫した今ではそう強気に行けないだろう。

 

そういえば、先週のマツコ有吉のかりそめ天国で、映画の続編の話があった。

なんとトップガンの続編が作られるそうだ。

トップガンは冷戦を前提としている。

アメリカとソ連の軍拡競争が下地にあって初めて成立する話だ。

だから、映画でトムキャットとミグの空中戦が繰り返し行われる。

トムキャットはF14というコードネーム?で呼ばれているが、非常な金食い虫だったみたいだ。実際に実戦配備されたのがベトナム戦争後であり、かなり批判されて縮小されていった機体だ。それでも、2000年代まで活躍した。

映画の最大の特徴はこのFー14が実際いドッグファイトしまくっているということだ。はっきり言って、これと音楽のマッチングの良さが見せ場だ。もちろん、クローズアップされるのは恋愛部分なのだが、これはトップガンの恋愛部分は蛇足だ。ベロチューしているのはびっくりしたけど。

物語は青春ものの要素も入っている。個人的にはそれほど嫌悪感を抱かない。たぶん、役者が好きなのだと思うが。トム・クルーズは、タイプ的には好きではないはずなのだが、なぜだかそれほど嫌いじゃない。アイスマンも好きだ。

とにかく、ストーリー的にもまあまあなのだが、F−14とミグのファイトと、後に氷室京介と組む、ギタリストスティーブ・スティーブンスの演奏も聴きどころ。

 

 

トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

 

 

一方で、「愛と青春の旅立ち」は酷い。

何が売りなのかわからないのである。

主演のリチャード・ギア推したい映画なのだというのは丸わかりだ。

海軍の士官候補生だったとおもうが、戦艦は一度も登場しない。リチャード・ギアはちょっと育ちが悪い男。寮内でちょっとしたビジネスなどをする。それが露見して退校しそうになるのだが、めちゃくちゃおっかない軍曹のはからいで、残ることになる。そして皆のリーダー的な存在に成長していく。その鬼軍曹と改心してから格闘戦をするのだが、最後金的で勝つ。見ていて、絶句してしまう。

どうもリチャード・ギアの顔が嫌いなのだ。だから、プリティーウーマンは一度も見たことがないし、オランジーナの宣伝で寅さんの役をやったときは、本当に抗議しようかと思った。

 

 

 

ということでまとまりがないが、今日の十分以上書いた日記を終わりにしたい。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ