今日の十分日記

今日の十分日記

原点回帰の雑記ブログ。十分で書ける内容をお届けします。十分以上書くときもあるけどね。十分以下もあるし。

シャーロックとシーズン4ーー十分日記4

 

このブログを始めたころ、「Sherlock 」という海外ドラマを紹介しました。
ベネディクト・カンバーバッチというイギリスの人気俳優が主演を務めています。名前から分かる通り、あの「シャーロックホームズ」シリーズを原作に、設定を現代のロンドンに移したドラマです。BBC製作です。

昔の探偵小説の主人公、探偵って結構やばい設定が多かったのですが、この「Sherlock」シリーズのホームズもそうです。シャブ中、誰かが目の前に現れるとその人についての推理を始める。他人が隠したいプライベートなこと、付き合っている人のこと、家族のこと、性癖などをどんどん当てて、言わなければいいのにいってしまいます。非常に頭がいいのですが、この性格が災いして、友人ができません。本人曰く「高機能社会不適応者」。

そのシャーロックに初めて親友ができます。
ご存知、ジョン・ワトソン
どうして友人になれたのか、それはワトソン自身がヤバイから。というより、ヤバイことが大好きだから。ヤバイことに惹かれて、アフガニスタンに英国、米国が攻め込んだ時に軍医として従軍します。この人、女性にどんどん声をかけるのですが、冷静に考えれば、ヤバイ感じのする女性が大好きだからです。
そんなワトソンと結婚するのが、メアリーです。これから見るという人のために詳しくは書きませんが、メアリーも結論としてヤバイ人でした。

お兄さんのマイクロフトは官僚です。シャーロック曰く、「英国政府そのもの」という存在です。いがみあっているようで、協力的でもあります。そして弟を利用することも辞しません。弟も分かってて協力するのですが。

何が面白いか。
まずは人物の魅力でしょうね。
ベネディクト・カンバーバッチ自身、魅力が非常にあり、そこに惹かれてしまうのです。そして、映像の面白さもあります。

次がシーズン4。
すでに宿敵モリアーティは死んだ後です。
ところが、そのモリアーティが生き返ったという話が出るところで、第三シリーズは終了です。
第四シリーズの製作が進んでいるというのはかなり前から知っていました。二〇一七年の正月に本国ではシーズン4が放映されていたことも知っていました。それでも、この日のために、情報をシャットアウトして、余計なものは見ないようにたのしみにしていました。
放映は今日、七月八日午後十時。BSプレミアムです。本当に楽しみです!!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ