今日の十分日記

今日の十分日記

原点回帰の雑記ブログ。十分で書ける内容をお届けします。十分以上書くときもあるけどね。十分以下もあるし。

Beatles 「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」ーー十分日記8

 

昨日はロンリーストーンズの話題だったので、今日はビートルズで。

といっても、どこかでかいた話かもしれない。

今年で「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」が発売されてから五〇年らしい。と例によってベストヒットUSAでやっていた。番組ではビートルズのルーツのアーティストとして、エルビス・プレスリーチャック・ベリーを取り上げていた。といっても、プレスリーのコピーはやらなかったそうだ。理由はどうやったってかなわないからだ。

 

 

 

それにしても、ビートルズプレスリーのファンというのはわかりやすい。

今のアーティストだと、すごく多くの曲を聴いていている音楽マニアな気がするのは私だけだろうか。もしかすると、今のヒップホップの影響かもしれない。多くの曲をアレンジとして入れ込むからだろう。それに日本のアーティストは、洋楽の新しい流れを国内に取り入れるスタイルをとっているから、必然的に多くの曲に触れている人間が売れるのかもしれない。

 

 

 

 

チャック~ロックンロールよ、永遠に。

チャック~ロックンロールよ、永遠に。

 

 

個人的な「Sgt. Pepper's」の思い出は結構遅い。大学生になってから初めて聴いた。

中学のときの英語の授業で、「strawberry fields forever」 を流した。だが、その先生がよくわかっていなかったらしくて、最後の逆再生の部分をカットして聞かせた。そのせいで、ビートルズは大したことないバンドとして認識した。というのも、大学生になって、その逆再生部分を聴いて、「こりゃすげえ」と思ったからだ。基本的に、いわゆるビートルズのベストの赤盤の中の曲は知っていた。赤盤とは、いわゆるビートルズの曲だ。「love me do」「she loves you」 「help!」などが入っているアルバムだ。その時代の曲と比べて、あの逆再生の部分はとても面白いアイデアだった。

 

 

The Beatles 1962-1966

The Beatles 1962-1966

 

 

大学に入って、彼女の部屋でこれをビートルズのベスト青盤で聴いて、すっかりビートルズも気に入ってしまった。特に青盤に入っている、後期のアルバムが好きである。

 

 

THE BEATLES 1967 - 1970

THE BEATLES 1967 - 1970

 

 

 

 

 

Abbey Road (Dig)

Abbey Road (Dig)

 

 

 

Let It Be... Naked [Bonus Disc]

Let It Be... Naked [Bonus Disc]

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ