今日の十分日記

今日の十分日記

原点回帰の雑記ブログ。十分で書ける内容をお届けします。十分以上書くときもあるけどね。十分以下もあるし。

キーボードを買うーー十分日記55

 

今日は秋葉原にキーボードを買いに行った。

だいたいパソコンを買っても純正のキーボードは使わない。一番最初の買ったのは二台目のパソコンのときだった。長文を打っていて、肩やら首が凝りまくってしまった。

そこでマイクロソフトのエルゴノミクスキーボードを採用した。エルゴノミクスとは「人間工学に基づいた使いやすいソフトウェアやハードウェアの設計や研究」を指す。クニャッと曲がったキーボードを見たことがあると思う。

 

 

マイクロソフトのキーボードはそれに加えて、全体的にバカでかかった。キー自体がでかく、付属のアームレストもでかく、キーボード自体がでかいのである。

そのキーボードでタッチタイピング(以前はブラインドタッチといった)を覚えてしまった。そののち、普通のキー配列に戻したのであるが、どうにも使いづらい。特にbackspaceを打つとミスをする率が高い。キーの距離の問題なのである。

うちのカミさんに言わせると、初代のエルゴノミクスキーボードはでかすぎて、打ちづらいらしい。

ただ今回、そのキーボードに戻してしまおうかと思った。

 

秋葉原の電気街口から出ると、長蛇の列ができていた。

どうも、人気のアニメか何かのカードか何かのグッズを買うための列だった。女の子がいっぱい並んでいて、思わず後ろに並ぼうかと思ったがやめといた。そこからぐるっと迂回しつつ、ヨドバシアキバに行った。そこで數十分迷った。

 

とんと忘れていたが、一番初めに買った馬鹿でかいキーボードはまだ売られていたが、有線であった。それで迷った。そう、そのキーボードを使っていたときはデスクトップだった。だから、有線だろうが無線だろうが、あまり意に介さなかった。

 

メカニカルキーボードと呼ばれるキーボードもいじった。

FUJITSUのキーボードが打ちやすかった。が、ためしで買うのに、一万超は高かった。

東プレも良かったが高い。

 

 

 

 

スマホなどで情報を見ながら探していると、女の子が話しかけて来た。

なんか物陰からヒョコヒョコ、こっちを見てるな、とは思っていた。

「あの、実はこのマウスを買おうかと思っていたんですけど、私のスマホ画面がバキバキで対応しているかわからないんです。ちょっとみてもらえませんか」

 

え、え。

キーボードをどれにするか、に集中していて、頭が働かず、完全に挙動不審になってしまって、スマホで探すのだったが、うまく探せなかった。

「ご、ごめん。店員さんに聞いて」

と言って、断ってしまった。その女の子は失望したのか、礼も言わずに立ち去った。汗顔の至りである。申し訳ない。

 

行ったことのない土地なのに道を聞かれたり、無理難題を押し付けられることがままある。

もういい恥である。

パンチパーマでもあてて、話しかけられにくくしようかな。

子供が面白がって寄って来そうだが。

 

最終的にマイクロソフトの別のキーボードを買った。エルゴノミクスを採用しているやつだ。

いつか金持ちになったら、メカニカルキーボードを使って見たい。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ