今日の十分日記

今日の十分日記

原点回帰の雑記ブログ。十分で書ける内容をお届けします。十分以上書くときもあるけどね。十分以下もあるし。

鶴岡八幡宮参詣顛末ーー十分日記218

f:id:masarin-m:20190119181603j:image

 今日は死ぬほど寝た。総合すると十二時間超。途中、ちょっとだけ起きたから、それを差し引いて十二時間を超える時間寝た。疲労がたまっていたのだろう。別にそうしたわけじゃないが、徹夜をすると次の日こんな感じになる。昔は違った。そのまま大学の授業に出て、一日過ごしても、その日普通に寝れば体力が復活したものだ。こんなことをしているから体を壊すのである。

 昨日は病院の定期検診で、それを無事終えてから、そのまま鎌倉へ行った。鎌倉の鶴岡八幡宮で前年、厄除けのお参りをしたので、そのお礼を言いに行ったのである。言うまでもなく風邪を引いていたので、最低限に止めて帰ってきた。

 行きは新宿から新宿湘南ラインに乗って、戸塚から横須賀線に乗り換える予定だった。しかし、横浜の直前でアナウンスが入った。

 「横須賀線は北鎌倉・鎌倉間で小動物をはねたということで、安全点検を行っています」

 電車の安全運航を妨げる小動物ってなんだろう。

 頭の中でクエスチョンマークが点灯した。

 リスやネズミであれば、それほどの影響がありそうにない。イノシシや鹿を小動物とは表現しない。なんだろう。うり坊でも轢いたか。巨大なネコでも轢いたか。

 とにかく、そのおかげで横須賀線は終日の遅延であった。

 鎌倉はその点で少し不便な土地でもある。そもそも千葉方面から行き来しようと思うと、どうやっても横須賀線を使う以上に便利な路線というのがない。横浜と鎌倉、横浜と湘南を繋ぐラインはあるが、横浜以東はか細いのである。この辺に県民の思考が反映されている。横浜まで出られれば、以東に行く必要はそれほどないのである。

 鎌倉はいつものように混み合っていた。

 昼食を取っていないので、その店を物色しつつ小町通りを歩く。

 車一台が通るのがやっとという小町通りは昼時で、人があふれていた。毎度のように修学旅行生やおばあちゃんたちの観光客、それに加え、中国か韓国のツアー客も多い。人波を縫いながら進む。小町通りをまっすぐ進んで抜ければ、鶴岡八幡宮は目の前だ。

 いつも思うのだが、人混みで物事を判断するのは非常に困難だ。

 だから、池袋や渋谷、新宿あたりの若者が集まりそうな服屋はいつも大音量で音楽を流す。他に気を奪われることがあると、人間は判断が利かないのだ。結局こうして適当に店を選ぶ。

 鶴岡八幡宮での参拝を終えて、昼飯を食べる段になったが、やっぱり適当になった。駅ビルらしき小さな建物が鎌倉駅にあるが、そこの二階にある和食屋さんに入った。以前こうして入った店でうどんを食べたがそれが結構美味しいという記憶があったからだ。

 そのうどんを食べた店はなくなっていた。カフェになっていて、女子大生らしき女性が眠たげな顔で勉強していた。後期の考査が近いのだろう。

 和食屋に入って、刺身と天ぷらの盛り合わせを頼んだ。鎌倉や湘南というと、シラスや海産物が美味しいというイメージがあるが、千葉県房総生まれの私にとっては、海産物は故郷の方が上手い。普通にスーパーに行って、パックのお刺身を食べても、都市部で相応の金を払って食べる魚より旨い。上手い魚、野菜というのは決して余所に出さないのではないだろうか。おそらくそれは漁師や農家の矜持だろう。だから、観光地よりも地元の人が普通に行くような店の方が上手い物を出す。それを知っていると、「孤独のグルメ」はより面白くなる。あの人は、地元の人が普通に昼飯に行くような店へ入る。だから上手いのである。逆に東京の店に入って、「魚がうまい」、「野菜がうまい」とか言っている芸能人は信用できない。うまい食べ物は東京には流通していない。お菓子だけは美味しいらしいが。

 鎌倉で感心するのはこれも毎度書くが、野菜のうまさだ。「刺身と天ぷらの盛り合わせ」はお新香と野菜の天ぷらが美味しかった。ただエビ天は最悪で、衣がボロっと落ちた。店の中には地元のおばあちゃんがたくさんいた

 ついでに書いておくと、昔は特にそうだったが、若い女が上手いという店よりも、おじさんがたくさん入っている店に入った方が美味しい物が食べられる。若い男がたくさんいる店は中年にとっては度胸が要る店だ。やたら量が多く、こってりしたものが多い可能性があるからだ。昔のオジサンは金を持っていたので、そういうところに行けば良かったが、今はダメかもしれない。これは特にはてなでは大きな声では言えないが、子どもだけに金をやたらつぎこむ国はろくでもない。大人の社会がだめだから、そこで生き残れるように子どもに金をつぎ込むのである。おじさん、おばさんが遊んでいる国の方が個人的には好きだ。

 食事後はカミさんのお土産を買った。鳩サブレーが好きなので、豊島屋の本店に行って買った。実は年賀状を出し忘れた人がいて、その人に寒中見舞いを書こうと絵葉書を探しに小町通りを歩いた。相手は女性なので、良い物があるだろう。なぜか、まったく見つからなかった。その代わり、女性用の小物屋が段葛の脇にあって、そこに入ってしまった。原色ではない。ピンク色や赤など、目に鮮やかに映える色彩で埋め尽くされた店だった。手ぬぐい、風呂敷、番傘、エプロン、鉄瓶、全てが美しい店だった。女性店員が輪をかけて、元気で美しい声をしていた。それは声優のような高い声ではない。高さは中程度なのだが、よく通る、強い声だった。ああいう声に弱い。ご尊顔は拝さずに失敬したが。

 そのまま疲れてしまったので、帰路についた。

 昼頃の小動物衝突事故の余波はまだ続いていた。下り線、逗子方面の電車は三分おきにひっきりなしに来るのだが、上り線、千葉行きは二十分くらい来なかった。それもいつ来るのかはっきりしなかったので、トイレに行きたかったが、行くタイミングがなかった。

 ホームで前に並んでいた、親子の中学生くらいの男の子が手を滑らせて、スマホを線路内に落としてしまった。不意に飛びこんで取ろうとした男の子を制止したお母さんは、やっと来た電車をやりすごして、駅員にそれを告げに言った。

 おかげで私が乗った電車のあとの電車はさらに遅れただろう。

 スマホを線路内に落とすドジな人間を初めて見た。そういうのはお年寄りの専売特許だと勝手に思っていた。が、よく考えればお年寄りはスマホを使わないだろう。

鼻うがいに一工夫ーー十分日記217

前回、「去年は病みがちだったので、普通の一年にする」と書いた。

その後、いきなり風邪を引いた。微熱が出て、ふせった。だが、最悪だったのが、一日だけだったので良かった。胃腸にも少しだけ来て、少しだけ気持ちが悪かったので、警戒して消化にいいものを食べた。こういう局面で糖質オフは無理だ。炭水化物に頼らざるをえない。ダイエットと風邪治療は並立しない。と書きたいが、食欲自体が落ちるので、体重が落ちた。痩せたというより、窶れたというのがほんとうだ。

熱が引いてからは、消化のいい雑煮を食べた。餅抜き。餅が入っていると重すぎて食べられない。

正月にBSでやっていたが、餅が入るのが雑煮の絶対条件ではないらしい。だから、雑煮と呼ぶ。ちなみに雑煮の「雑」は「内蔵」の「蔵」らしい。室町時代の発祥だが、江戸時代から庶民が食べるようになった。室町幕府の時代から日本はずっと内戦状態だった。南北朝から戦国時代と内戦は続いた。皮肉な話だが、内戦が国力を増強した。隣の国に勝つには、隣の国よりも国力がないと不可能だ。本当に信長の野望をやっているとそれを感じる。そうして江戸時代には国力が富んで、民衆が貴族のものだった雑煮を食べられるようになった。

江戸の庶民は当時世界で一番多かった。餅作りが追いつかずに、丸型だった餅は四角になった。以上、「チコちゃんに叱られる」の請け売り情報を含んだ雑学だった。途中内戦の話は違うけど。学校で室町時代は農業の生産性が上がった時代で二毛作が始まったと教わるが、内情はこういうことだろう。

文化史的にいうと、荒れた時代というのは逆にそれを冷ますように文化が発達する。

念仏踊りで有名になった時宗であるが、時宗の僧侶には「阿弥」の文字がつく。世阿弥、観阿弥みな時宗の僧侶だ。僧侶で出家しているから、身分に関係なく色々なところに出入りできる。将軍や貴族とも関われるのである。徳川家康の祖先はそんな人だったらしい。

 

さて、今日書きたいのはそんなことではなく、鼻うがいの話題。

鼻が完全に詰まった時はオススメしないが、詰まり気味くらいだと、これが威力を発揮する。鼻うがいの基本は1%の塩水で行う。そうすると鼻が痛くない。本当はそこまで厳密にやらなくても痛くならない。

風邪を引いた時はこれにうがい薬を入れる。

うがい薬で有名なのは、イソジンやリステリンだが、これで鼻うがいをすると、地獄を見る。

適したうがい薬は何か。

それを列挙しておこう。

 

新コルゲンコーワ うがい薬ワンプッシュ 200ml [指定医薬部外品]

新コルゲンコーワ うがい薬ワンプッシュ 200ml [指定医薬部外品]

 

 

試したなかではこれが一番痛くなかった。

これを自分の場合、600mlでワンプッシュかツープッシュ。

通常のうがいよりも薄い濃度で行う。普通は50mlでワンプッシュだと思う。

これ以外には、マツモトキヨシのプライベートブランドのうがい薬が良いだろう。さすがにアマゾンにはなかった。

この方法の鼻うがいを行うと、治りが早い気がする。日本の水道水なら大丈夫そうだが、殺人アメーバが混入する可能性があるので、水は普通の水道水はやめましょう。

 

 

今年の抱負--十分日記215

今週のお題「2019年の抱負」

今年の抱負はズバリ普通の1年にするということだ。

昨年は体調不良が重なり特に下半期はほぼ行動ができなかった。去年の1年の抱負は、「アクティブな1年にする」と言うものだった。結果は非アクティブの権化であった。伏せって1日中布団の中にいる時も多かった。

後カミさんに反対されているのだが、パソコンを買い換えて、また各種ゲーム機を揃えて、YouTubeのゲーム実況でも始めようかと考えている。下の階におそらくゲーム実況している中国人が住んでいて、夜中12時近くでも大絶叫している。その様子を見ていて、いや聞いていて、神さんは「みっともないからやめろ」と言ってくるのである。

しかし調子が悪いと、ゲームぐらいしかできない。何せ貧血がひどい時など、四つん這いでないと部屋も移動できない有様なのだ。この機会に小説を書こうと思っても、それは不可能だ。

ならばそれを逆手にとってゲーマーになってしまえば良いのではないかと考えたのである。そして体調がまずまずの時に小説を書く。そんな体制に移行しようかとも思っている。

とにかくアクティブに動き回るブロガーと言うのは今年は諦めざるを得ないのかもしれない。

ただ今年湯島天神でおみくじを引いたら、本当に珍しく大吉が出た。少なくとも東日本の震災以降初めてでは無いだろうか。それだけで今年は好転しそうな気になっている。いや好転するのだと信じている節がある。

人生には「うまくいく」という単純な思い込みというのが案外必要で、それができないとチャレンジすることができなかったりする。今年は湯島の大吉にすがっていこうと思う。

そして体調がまずまずだったら小説を書き、出かけようと思うもん。

皆さんにとっても良い一年であるように願っています。

新春新聞比べーー十分日記214

毎年元旦発行の新聞を数紙読む。

それを新年に感想を書いていたが、今年は書いていなかった。それを書く。だが、二紙しか読んでいない。

☆読売新聞

社説がひどかった。

毎年ひどいのだが。

八割がた、昨今のアメリカと中国の分析をしておいて、「日本はその仲介役をせよ」的なノリで書いていた。誰が日本にそんなことを望むのだろうか。もはや、ロシアですら仲介は難しいだろう。アメリカがトランプになって外圧大魔王の部分が復活しているので、日本はアメリカとも中国とも問題を抱えているとすら言える。内政に関しては相変わらずの「収入を増やしながら(増税)、支出も増やせ(財政出動をせよ)、かつ財政再建もしてね」という、てんこ盛りの無理強いをしている。記憶が正しければ、2000年代始めにも言っていたと思う。

 

☆日経新聞

全面的に「A.I.」の文字が踊っていた。

今の最新技術で、ホットな話題といえばこれになるのだが。あまり全人的に幸福をもたらすものではない。

今回の日経の元旦版で面白いのは、そんな本音がチラチラ見えたことだ。

一昨年、100,000人あたりの薬物よる死亡者は22人と前年比1割増えた。自殺も1942年以来の最高水準と言う。「社会の絆が弱まり、絶望感が強まっている」とは識者の分析である。「自分を愛するように隣人を愛せよ」と福音書を教えるが、分断の深まりや誇りの喪失が白人を中心に1部の層を追い詰めているようだ。

(1月1日日経新聞の春秋より引用)

 様々なリスクを抱え今年は変化がどう起こるのかが読みにくい、不確実性をはらむ年だ。

(1月1日日経新聞の社説より引用)

「 2013年に発表した論文では、米国の半分近くの仕事が消滅のリスクにさらされていると指摘したが、50年ぐらいまでを射程にしていた」

--産業革命以来、人類は機械で生産し、雇用を生み出してきました。

「製造業が富を生む時代は終わり、かつての日本や韓国のような奇跡を起こすのは不可能だ。米国でも残っている製造業は限られ、しかも自動化されている。トランプ政権が関西を上げ、一部の仕事を米国に戻しても多くの仕事は消えた後だ」

(1月1日日経新聞6面) 

 

日経新聞は経済に強い新聞と言うこともあって、元旦は新しい技術などの特集があり、嘘かもしれないと思っていても、読んでいて楽しい。だが今年は、引用したような負の側面にどうしても目がいく。

昨年末、株が暴落と行って良い水準で値下がりした。年始の株価がどうなるかというのが、別に株を買っていないのにきりになった。バブルの崩壊は同じようなタイミングで発生したからだ。年始の株価の下落が引き金であった。もちろん日銀の利上げ等が決定的な理由ではあったが。

同じよう年始の株価の下落が引き金であった。もちろん日銀の利上げ等が決定的な理由ではあったが。もともと好調な株価は2019年には値崩れするという感触が強く、それが少し早まったのかと緊張した。バブル崩壊なみの日本経済の沈滞は万人に悪影響与える。当たり前の話だ。

希望がある話をしながら、日経新聞では「今年は情勢が読みにくい」と本音が漏れている。記事全体の方針は車全体で決めているのだろうが、記者たちの本音がこういう部分で出ていると読むのはうがちすぎなのだろうか。

 

日経新聞でも読売新聞でも、日本社会では深刻な世論の分断がない、と強調して書いていたのが気になった。社会の分断はその女が出てきているのではないか、とネットを見ていても感じるのである。

先鋭化するというのはネット右翼の専売特許であったが、リベラル(ネット左翼?)も不寛容な先鋭化が目立っているように見えるのは私だけだろうか。無邪気にどちらかに加担するような気になれないのは私だけだろうか。

アメリカ人の自殺者数がやはり増えていると言うのはショッキングだ。特に1番富を持っているとマイノリティから思われている白人米国人が自信喪失から自殺している、というのは時代を象徴する現象だ。奪うものは奪われるものの痛みを理解しようとはしない。昨年は奪う者の攻撃が目立った年であったが、奪われるものがストレスに耐えきれず、逆襲に転じたとき、それは見ていられないほどの惨状になるのではないか、と不安になる。

私がブログを見ている人々は、多くが奪うものになっていないように見受けられる。少しそんな人々の記事を見ていると安心する。

皆さんが奪われるものにも奪うものにもならないで幸せな1年を送ることを心より祈っている。今年もどうかよろしくお願いします。

2018年 平成最後の年の総括ーー十分日記212

時節柄こういうテーマで書いてらっしゃる方も多いと思う。

今年を一言で表すと、「体調不良」。この四文字に集約される。

だが、この体調不良は今年に限ったことではない。この二、三年この調子だ。病院に行くか迷うレベルの時化(しけ)がつづき、病院に避難せねばという大波がたまにやってくる。

二十代と違うのは、大波がやってくるともう入院せねば回復しなかったのが、復調できるようになったということ。これが一番の違いだ。二十代の感覚では、時化が始まった段階で、諦念せねばならなかった。もう身体の数値は暴走状態になった。治るだけましな気もするが、時化が引かないのも困る。十代ならば時化のただなかでも受験勉強などをした。できるにはできたが痛いしっぺ返しも来た。

 

時化の時に読んだ文章を時化が去った今になって読み直した。

なんだかピンとこない文章ではあった。が、再読すると自分の読み落としが多くあった。やはり時化の状態で文章を読んだり、受験勉強をしても、結局効率が悪いだけだ。

二十代は小康状態のとき(普通の人にとっては時化の状態)は同じゲームを繰り返しやっていた。取り憑かれたように。しかし、ゲームくらいしかできないのである。

特にアクションゲームをたくさんやると脳の発達に寄与するという報告があるが、疑わしい。同じゲームをやっていると、パターンが分かってしまって、アクションゲームはすぐにあきる。だから、どんどん新しいゲームをやらなければ意味が無い。もっとも、たくさんゲームをやると、アクションゲーム自体の癖が分かってしまい、ゲーム自体に飽きることになるだろう。

きっとそのレポートを出した人間はゲームが大好きなのだろう。

 

そういえばどこぞの哲学者が「家族の食卓」の意味を書いていた。

本来、食卓とは家族の想像力を養う場所だ。

「この食事を他の家族はどう思っているだろう」

食べながらそう考えるのだそうだ。

もちろん、作った人(昔は多くがお母さんの仕事だった)はそう思うだろう。

だが、作ってもらった人はそんなことは考えない。特に男はそうだろう。たいてい、「いつもと同じだろう」と思って食べる。仕事などで疲れて帰ってきたときに、カリスマ主婦が作るような気合いの入った食事は食べたくない。普通の焼き魚とご飯と味噌汁で充分だ。

男が「相手はこの料理をどう思って食べているだろう」と考えるのは、若い女と食事をおごったときだ。もちろん、下心があるのが前提だ。普通に会社の宴会で若い女が居ても、そんなことは思わないだろう。

要するにその哲学者は、昔女子大生を食いまくっていたのだろう。

言葉はなんとでも作り替えられるが、どうしてその言葉を使ったのか、行動は嘘をつけないものだ。

 

つらつらと関係ないことを書いた。

この数日に読んだ文章のせいだ。

先週の金曜日も昼間から盛大に吐いた。

ストレス性の胃炎なのか、感染性の胃炎なのか、判断が付かない。

ちょっと予定が立て込んでいたり、病院の定期検診が重なったりしていて、ストレスもあり感染リスクもあり、で、判断が付かないのだ。

定期検診が終った直後に起こったので、病院に行く予定もなかった。吐きまくりで動けなかったので、一日だけ様子を見ようと思っていたら、治ってしまった。一昨日の夜は水便が大量に出た。それも起きたら治っていた。

 

来年はもう少しなんとかしたい。

こういう体の弱さは鍛えたらなんとかなるものなのだろうか。

子どもの頃だったら、水泳などの運動をさせたのだろうけれど、大人になっても意味があるのだろうか。少し調べてみても、無駄だろう。健康のことは調べても絶対的な答えにたどり着けない。必ず相反する何を採用するのか、という主観の問題なのである。

とにかく、来年こそ。来年こそ。

ゴーン逮捕。またか日本人ーー十分日記211

現在12月15日。

昨日だったか、ゴーンが再逮捕された。マスコミの憶測では、有罪に持ち込むのは難しいという話もある。

 

最初に逮捕されたとき、夕方に速報をラジオで聞いた。

TBSのアフターシックスジャンクションだったと思う。六時から七時くらい。外を歩きながらであった。

聞いたとき、「ああ、またやっちまったか」と思った。

日本人の外から来た人間への冷たさが前面に出たな、と。

 

古来から日本には外国人が多くやってくる。

有名な話だが、古代の渡来人のなごりが京都の地名に残っている。「太秦」だ。

渡来人には「秦(はた)」の姓が与えられた。その秦氏が多く住んだのが太秦の土地であった。自由に住めたわけではなく、居住区域が制限されたということだろう。

 

その後、長崎の出島もそうだ。外国人の居住域を制限した。

明治維新直後にも、多くの外国人顧問を招聘した。その後は冷たかったらしく、なかには不満を持った者がいたとかいないとか。そんな話を日本史の授業で教わった。

 

だからか、ゴーン逮捕も「また猟狗煮られる」が起こったと思ったのである。

ただし、外から来た人へだんだん冷たくなっていくのは、日本人の性であるので、私自身もぴんとこない。

たとえば友人がはじめて家に来たとする。はじめて来たときは歓待する。

だが、二度三度来るようになると、だんだん家族と同様に扱うようになる。外国人からすれば、それはぞんざいに扱われたと感じる人も居るだろう。日本人はその方が「受け入れられた」と嬉しいと感じる。

別れの時は「跡を濁さず」じゃないけれど、去る側がそっと帰って行く。寅さんの最後である。それが一連の流れであって、それこそ文化の違いだ。

 

マスコミの扱いが真っ二つに割れて面白かった。といっても、それぞれを読み、見たわけではない。だが、なんとなく大手の新聞社とテレビは、ゴーンを大悪人として扱い、スポーツ新聞などは「クーデター説」を挙げていた。

内部リークだったようだから、背中を刺したとみられても仕方がない。最近はme_too騒動にはじまり、リークの心理的なハードルが下がっているとはいえ、これはセクハラとかパワハラでもなく、ばれたら終わりだ。そんなことをするわけがない。

 

テレビに出ていた日産の役員はニコニコしながら、「逮捕について聞かれても、私にはわからないので」と言っていた。惚けているようにしか見えなかった。

取材に来ているのが仲間とでも思ったのだろうか。

メディアによって扱いが違ったのは、メディアへの意図的な漏洩があった可能性があると、私は考える。スポーツ新聞のテイストから考えれば、より強者であるゴーンをたたく方へ向かいそうなものである。だが、大手の新聞が情報をもらい、自分たちがもらえなかったことで、意固地になっているのだろう。

 

なんとなく日本の経済の縮図を見ているようだった。

江戸時代やもっと前からか、同業者組合のようなものがあった。「座」とか「株仲間」とか呼ばれた。株を買ったり、とにかくお金を使うことで、仲間に入り、その業務を独占する。

今はそれが株購入ではなくて、「学歴」なのである。

同じ大学を出た人間が各業種に散っていて、利益を融通・分配しあっている。

同じ事はメディアにも起こっていて、メディアからは他業種の同学歴の人間から情報がもたらされる。日産はこの「座」を利用して、あらかじめ敵に回したくない所へ情報を周到に流し、クーデターを準備した。ルノーの完全傘下にならないように。

その「座」には検察や警察、政治家も参加している。

 

この新しい「座」はむしろバブル崩壊後に強化されていった。

「今は学歴社会は関係ない」

と、大卒の人間が言っていたら、「こいつはバカだ」と思った方がいい。もう、ある程度の学歴があり、組織に入った瞬間、自動的にこの新しい「座」に参加しているのである。サラリーマン経験があるなら、今フリーでも同じである。

中退も一緒である。

若い内に努力すれば誰でも手に入れられる位置だ。

勉強しろと言わない親は、全員ろくでなしである。

 

と言いたいが、現実は逆で、公立の教育はどんどん縮小、弱体化の方向にある。

私立は金がないといけないし、金がないと入ったあと友達とも遊べないだろう。

私立に入れながら、予備校などに通わせるのが普通だ。

つまり、子どもの学歴も、親の「座」が占有しているのである。