池波正太郎をめざして

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は明日の風が吹く

今の心境にあわせてブログ名を変更しました。どうぞよろしく。肩の力をさらに抜いてやります。

ケーブルテレビの撤去とスピルバーグデビュー作「激突!」を見る。

// 今日は比較的ゆったりしている、まさりんです。 来週から年末まで、怒濤の忙しさになりますが。なんとか乗り切りましょう。 昨日、もうかれこれ十数年お世話になってきた、CATVの機器を撤去した。そのために人が部屋に入るので、改めて掃除した。あま…

夏の課題消化シリーズ5 第153回芥川賞受賞、羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」を読んだので感想を書くよ。

本について語りたがりのまさりんです。 関東地方はジトジトしています。天気予報ではしばらく涼しいとのことですが、二九度もあるというのは、涼しいことになるんですか。私にはわかりません。 // さて、今日は又吉直樹氏と一緒に芥川賞を受賞した羽田圭介氏…

「九年前の祈り」感想

アイコン変更&桜の開花予想が今日出ることを予測していたまさりんです。 // アイコンを招き猫にしました。これが件の豪徳寺の招き猫です。本当の猫に近い造形になっていると思います。上から撮影しているので、かなり見上げているのが分かると思います。 今…

又吉直樹 「火花」読書感想文(文學界2月号)

まさりんです。 今回は今話題の又吉直樹氏の「火花」という作品の感想を書く。 この作品のおかげで、文學界は異例の増刷だったそうだ。確かに、文學界を買おうと書店に行ったのだが、どこも売れ切れであった。一週間後だったか、やっと手に入れた。文芸誌コ…

「風の歌を聴け」 村上春樹 感想文(デビュー作品レビューシリーズ)

まさりんです。 今回は(チェコ好き)(id:aniram-czech)さんの村上春樹のについてのブログを読んでいて、無性に読みたくなったので「風の歌を聴け」の感想文を書いてみたいと思います。 この本を初めて読んだのはいつだったでしょうか。三十代に入ってからだ…

「春の庭」柴崎友香 感想その2

2、人物描写のなかの「穴」 主要な登場人物は三人。主人公太郎、西さん、巳さんである。巳さんの巳は部屋の名前である。そこから太郎がニックネームをつけた。 それぞれに「穴」を持っている。西さんを「穴」というのは少々強引だが、共感する人は共感する…

「春の庭」柴崎友香ー感想

先日、芥川賞が発表された。 選者の評価では低調な選考だったらしい。 だが、私はそう思わなかった。感想を雑記する。 // のまえに、簡単にあらすじを書こう。 だが、このお話、内容を説明するのは難しい小説だ。はかばかしい展開がある物語ではないからだ。…