今日の十分日記

今日の十分日記

原点回帰の雑記ブログ。十分で書ける内容をお届けします。十分以上書くときもあるけどね。十分以下もあるし。

日記

なにかと忙しいーー十分日記275

何かと忙しい。 忙しいと、ブログの優先順位が下がってしまって困る。 こういうときは忙しい状況だけはメモしておこうと思う。 旅行の準備 私ではない。カミさんが仕事の関係で留守にするのだが、その準備を超ギリギリで始めやがって、大変巻き込まれている…

ブログの移行ーー十分日記274

なんだか忙しい。 多忙の理由はそのうち書く機会があるかもしれないし、書かないかもしれない。 自分の検査などが重なっていることもあるが、自分のせいでない理由で奔走せねばならない事情もある。それはあと一週間続く。 すまないことで、ブログを更新する…

子どものしつけとネット右翼ーー十分日記273

昨日はなかなかファンキーなお店でランチを食べた。 ファンキーといっても、虫の唐揚げを出したりするわけではない。そういえばあの人あまり更新しなくなったなぁ。 ちょっとランチタイムを外した時間に行ったのだが、店内はなかなかに混雑していた。通され…

大腸内視鏡検査(怒る人の条件2)ーー十分日記272

前回やってから十数年経っていると思う。 おそらく、転院する前の病院でやった、二十代の検査が最後だ。 そのときはたしか家でニフレックを呑んでから病院に行ったと思う。 転院して自宅から遠くなったので、それをする勇気がなかった。だから、朝から病院に…

怒る人の条件ーー十分日記271

いろいろぼやかして書く。 怒る人というのは共通項がある。 先日、マッサージに行った。 腰を痛めてしまったのだ。 といっても、ぎっくり腰ほどのダメージがあるわけではない。 カミさんに相談したらば、「マッサージに行ってこい」というので、近所にある整…

音声入力研究5 平成のアルバムTOP50――十分日記270

※以下、なるべく音声認識で出たままにしてある。直していない。 この記事は、iPhoneのpagesを使用して書いている。 一度試してみたかった、縦書きの機能を使用している。 これに、Siriの音声認識を組み合わせ、そしてその精度が高ければ、一番使いやすいのは…

「機動戦士ガンダム the origin」 第十話、「夜の巷を徘徊する」ーー十分日記269

ルウムの大会戦前夜。 ルウムは反ジオン、親連邦の立場をとっていた。それは、コロニー落としに使われた、ハッテ、アイランドイフッシュというコロニーと同じ立場だった。 アルテイシア(セイラ)とキャスバル(シャア)の兄弟を地球で引き取ったマス氏が体…

闇営業ーー十分日記268

「闇営業」と最近は呼ぶのだそうだ。 元々は、裏営業と呼ばれていた気がする。 事務所という中間搾取会社を通さずに芸能人が仕事をすることだ。 はじめに「闇営業」と聞いたときに、この裏営業で闇の反社会的勢力と仕事をしてしまうことを「闇営業」と呼ぶよ…

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 9 コロニー落とし~十分日記267

今回のメインは「コロニー落とし」。 ハッテというコロニー群の一つを、毒ガス攻めにする。 なかに居住している人間や動物を全滅させたあと、これを軌道上に乗せて、南米のアマゾンにあるジャブローという連邦軍の新基地に落とそうという作戦である。 この常…

青いろーー十分日記266

今週のお題「わたしの好きな色」 服を選ぶとき、妻に注意される時がある。 「横じまの服が好きだねぇ」 というのと、 「いつも青い服選ぶよね」 この二つの注意をいつも選ぶときにされる。 一時期はあえて青を避けて、赤などを意識して買っていた時期もあっ…

モヤモヤさまぁ~ず2 代打アシスタント芳根京子ーー十分日記265

昨日、モヤモヤさまぁ~ず2を見ていた。 もともとさまぁ~ずが好きだということもあり、一番初めにやった正月スペシャルから見ている。 昨日は芳根京子さんがアシスタントになっていた。 今、三代目アシスタントの福田アナウンサーが卒業してから、代打で八…

イージー・ライダーーー十分日記264

いまエンドロールが流れている。 フィル・スペクター? 出てたっけ。 調べると、最後ぶっ放すのがフィル・スペクターだった。 この映画自体は90年代後半に見たと思う。時期については正確ではない。 おそらくメキシコかどこかで麻薬を手に入れ、それをヒッ…

「機動戦士ガンダムthe origin」第八話 赤い彗星前夜 感想ーー十分日記263

ジオンが公国制に移行して、連邦軍に戦線布告をして、コロニー落としを実行する前段階まで今回では進む。 今回の話ではアムロ・レイやカイ・シデン、フラウ・ボゥ、ハヤト・コバヤシなどのホワイトベースクルーの戦争前の生活が描かれる。 その前に、いよい…

瀧山ーー十分日記263

瀧山と聞いて、「大奥か」とピンとくる人は、歴史に詳しい人か、それとも一時期はやった大奥ブームで知ったか、どちらかだろう。 瀧山というのは女性の名前で、幕末の時期に大奥総取締として、五代の将軍に仕えた。権勢は最後の将軍慶喜に、「瀧山がいては、…

レザボア・ドッグスーー十分日記262

レザボア・ドッグスとは「クールな男たち」くらいの意味らしい。レザボアは直訳では貯水槽とか貯水池という意味らしい。タランティーノ自身は自由に解釈せよ、とのこと。 ただ、内容はクールとはいいがたい。 ボスを囲んで男たちは食事をしている。 食事が終…

「機動戦士ガンダム the origin」第七話――十分日記261

今回のテーマはアムロ・レイの父親テム・レイの気持ちであろう。 ジオンがジオニック社という企業と連携しつつ、秘密裡にモビルスーツを開発している。その技術部門の責任者がミノフスキー博士だ。その弟子がテム・レイで連邦×アナハイムのモビルスーツ開発…

雨の日のおすすめーー十分日記260

今週のお題「雨の日の楽しみ方」 雨の日の楽しみ方というか、雨の日の運動の仕方というか。 梅雨といってもひと月かふた月か、ずっと雨が降り続くわけではない。グーグルの出す天気予報とにらめっこ、実際に曇り空を見て、雨の降っていないタイミングで、さ…

人生再設計第一世代ーー十分日記259

私はずっぽり人生再設計第一世代である。 だが、なんど再設計しても、「病気がな」という結論にしか至らない気もする。 みなそうなんではないか、人生を違うものにできると思っているのは相当……。ただ多少の方向修正はできる。しかし、そこにはきちんとした…

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 」第六話ーー十分日記258

今回は「暁の蜂起」が実際に起こる。 「暁の蜂起」とは、ジオン士官学校の面々が地球連邦軍の駐屯地を奇襲する作戦だ。これは成功してしまう。と同時に、ジオン国民の戦争気分を掻き立ててしまう。 シャアはこの蜂起の裏でガルマ・ザビを煽りに煽って蜂起を…

川崎の事件再びーー十分日記257

びっくりしたのは、立川志らくを代表として、「死ぬなら……」の言葉に対するみんなの反応だ。今回は、肯定と否定が拮抗している気がしていてならない。もしかして否定が勝っている状態、つまり逆転しているのかもしれない。 おそらく、10年くらい前だったら…

忘却ーー十分日記256

何かを書こうと思っていたのだが、忘れてしまった。忘れてしまったまま、書いていけば、思い出せるであろうという寸法だ。この書き方で句読点を消すと、fktackさんみたいだな。何を書こうと思っていたのか。ガンダムは明日の話題だ。明日はthe originのレビ…

ウチの外国人ーー十分日記255

ウチのマンションには外国人が多く住むようになってきた。 別にそれで治安が悪化したとも思わない。 ただ、おそらくゲームの実況中継をやっている若者が夜中でも叫んでいたり、煙草をバカスカ吸うので、それだけが少々困る。(誰だ、外国人はタバコ吸わない…

登戸の事件ーー十分日記254

昨日はガンダムthe originの話題を書いた。本当はこちらの話題を書こうとも思った。 事件の概要をメディアが詳しく報道してくれる。 女児のどこをどのように切りつけたか。 刺された外務省の職員はどこを刺されたのか。 あまり必要のない情報も教えてくれる…

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」第五話--十分日記253

この回では、のちに殺すことになるガルマ・ザビと士官学校で出会う。ガルマ・ザビにシャアは取り入っていく。 漫画版とアニメ版と違う部分が発生する。その騒動が「暁の蜂起」というガルマ・ザビたち士官学校卒業生を若き英雄に押し上げる戦いにつながってい…

「機動戦士ガンダム the origin」第四話ーー十分日記252

前回までの話で、実はキャスバルが父親を殺されたことを恨んでザビ家一党に対する復讐劇をたくらんだわけではなく、それは母親を失った悲しみから起こしたことなのではないか、という内容が描かれた。 それもデギン・ザビたちがキャスバルの父親を殺したわけ…

Giant escape r3、19年春の整備、メモ書きーー十分日記251

数日かけて自転車の整備をやった。こういうのはまめにやっといた方がいいと半生をした。あと、物理的に自転車を屋内に持ち込めない人間は大変だということだ。 giant escape r3を所有している。初心者用のクロスバイクだ。買って二年余りなのに、各部パーツ…

離婚ーー十分日記250

大企業で同年代がついにリストラの対象になった。 45歳でリストラを言い渡される。 レポートをいくつか読んだ。もう首切り前提で、改善案を提出させられたりする。それをもとに、面談をする。上司からは、死ぬほど揚げ足を取られる。もう自分は必要とされ…

ドクターストレンジーー十分日記249

金曜日のテレビで、ドクターストレンジを見た。 我が夫婦はシャーロックで、ベネディクト・カンバーバッチのファンになっているので、この作品もとても気にはなっていた。しかし、近くのTSUTAYAが霧消してしまったので、見る算段がなかった。買ってもよいの…

「機動戦士ガンダム the origin」第二話・第三話ーー十分日記248

ザビ家に追い詰められたラル家は、当主ジンバ・ラルとキャスバル、アルテイシアを地球に逃がす。三人はマス家に匿われる。キャスバルは15歳、アルテイシアは10歳になっていた。二人はスペインのアンダルシアに住んでいた。アルテイシアはセイラと名乗っ…

権利の主張ーー十分日記247

自分の権利を主張する人間がなんだか好きになれない。 「権利」というには少し大げさな話なんだけどね。 とある受付での出来事。 1~3の受付口がある。 1はメインの受付で、大人数が並ぶ。 比べて、2と3は二つ合わせても1には及ばないので、二つは合同…