今日の十分日記

今日の十分日記

原点回帰の雑記ブログ。十分で書ける内容をお届けします。十分以上書くときもあるけどね。十分以下もあるし。

志村けんーー十分日記

 

速報を聞いて、そのまま書いている。今は午前10時過ぎ。

 

我々の年代は、完全にドリフ世代というより、志村世代だ。

ドリフターズの全員集合でのコントの構成が、加藤茶中心から志村中心に移る。我々は移ってから全員集合を見てきた。基本的にいかりやが偉い人で、志村たちがそれをおちょくるという構図は変わらなかった。

 

幸か不幸か、我々は教師よりも、スポーツ選手よりもドリフの影響を受け、ダウンタウンに感化された世代だろう。

コントの構図にある様に、それがどこかで反骨の精神を育んでいる様な気がする。そうでない人間は「情けない人間」ではなく、「できない事情がある人間」である。偉い人をおちょくる大衆は強いのではなく、弱いのにけなげな人々だ。当時のPTAはそれがわからず、全員集合にバッシングをしていた。彼らの云う通りならば、大衆は逆襲する存在ではなく、偉い人に虐げられる存在として描かれただろう。

もちろん、同級生の小学生はそれをイジメの道具にしていたが。本当は親が教えなければならないことだった。

 

とにかく、最大の恩師を失った気分である。

久しぶりに、布袋の「命は燃やし尽くすもの」と「NEVER SAY GOODBYE」を聞いた。前曲は友人が自殺したときの歌、後曲は母親を失ったときの歌だ。


HOTEI - 命は燃やしつくすためのもの


HOTEI (布袋寅泰)  Never Say Goodbye (LIVE)

 

ご冥福を祈る。

おそらく、ファンのお別れ会が開かれるのだろうが、やはり行ってはいけないのだろうな。