今日の十分日記

今日の十分日記

原点回帰の雑記ブログ。十分で書ける内容をお届けします。十分以上書くときもあるけどね。十分以下もあるし。

ローリングストーンズ「shine a light」ーー十分日記7

 

ハードディスクレコーダーで映画をカテゴリー録画している。

そのおかげで、「shine a light」というみたいと思っていた映画が録れていた。

これはマーティン・スコセッシ監督のライブ映像だ。このライブのなかでも当然演奏されている、「悪魔を憐れむ歌(sympathy for devil)」のレコーディング風景を撮影したゴダールの映画を昔見て以来のストーンズの映画だ。

 


Rolling Stones- Sympathy for the Devil Lyrics

 

九十年代の後半だろうか。

その当時スタジアムなどの大きなステージでしか演奏していなかったローリングストーンズが、久しぶりにライブハウスでライブをやった。このセットリストが非常に評判が良かった。大きなツアーは、得てしてヒットメドレー的な要素が強くなる。だが、なかなか通好みのセットリストだったらしい。この映画でも、渋い曲もやっていた。

 


Christina Aguilera and Rolling Stone - Live With Me

どうも映画の編集でそう見えているのかもしれないが、セットリストはミック一人で組んでいるようだった。ローリングストーンズくらい長いバンドになると、力関係が何度も変化する。初期ではブライアン・ジョーンズが主導権を握っていた。それが六十年代後半、ブライアンが死んでからはミックとキースの二人が主導していた。今は、ミックが主導権を握っているのかもしれない。ライブのなかでも、仲がいいとか悪いではなく、キースがミックに気をつかっている感じが少しした。でもそれが嫌な感じがしないのだ。

とにかく、みながライブを楽しんでいる感じがしてよかった。そしてかっこよかった。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ