今日の十分日記

今日の十分日記

原点回帰の雑記ブログ。十分で書ける内容をお届けします。十分以上書くときもあるけどね。十分以下もあるし。

テレビ

漫画なんか読んで、アンタいくつ?--十分日記77

扇情的なタイトルにしてみた。中身はいつもと同じでいたって穏健であるはずだ。 水曜日の有吉とマツコの番組で、「40代になっても少年誌を買い続けてしまう自分をどう思うか」と言う内容の相談があり、それに対して有吉が寛容な態度を示したことが、ネットで…

宮崎勤事件ーー十分日記73

この内容で記事を書こうと思ってから、逡巡してしまった。 はてなのトップページでブックマークの内容をチェックした。 カズオ・イシグロは男女平等の敵という内容で、「書きたくないなあ」と思いながら流し読みした。流し読みしたせいか、引用ばかりで、趣…

保毛尾田保毛男ーー十分日記68

今日は小説を書きながら、休憩時間にちょくちょく更新するかもしれない。 さて、みなさんのおかげでしたで久しぶりに登場した「保毛尾田保毛男」が物議を醸している。 headlines.yahoo.co.jp 私はその頃小学生後期か、中学生になっていたと思う。 保毛尾田保…

24時間テレビーー十分日記43

今年も24時間テレビは絶賛放映中だろう。 見ていないからわからない。 ただ今年のマラソンランナーが誰だか当日発表になり、それを六時半から数時間引っ張ったために、途中のネットで批判されがちの「感動ポルノ」をみる羽目になった。かみさんがランナーを…

安倍政権の揺り戻しーー十分日記35

昨日のNHKスペシャル「本土空有集 全記録」にはちょっと驚いた。 第二次世界大戦、というより、太平洋戦争といったほうがいいのか。 この戦争の最終局面、日本は大規模に渡る空襲に見舞われた。 このときの空襲について、詳細に分析するのが番組の趣旨だ。 …

またまたいまさらシャーロックーー十分日記30

ゼリア新薬の新人研修で異常な追い込みがあり、ある新人がそれを苦に自殺してしまったそうだ。 www.buzzfeed.com 研修のなかで、その研修を担当した外部の会社の命令で、過去のいじめの告白を強要され、しかも吃音をなじられたそうだ。 以前、「英国王のスピ…

処女のままに嫁に行くーー十分日記29

「5時に夢中!」という伝説的な番組が、東京MXでやっていて、それを今は月曜日だけ見ている。 月曜日は、マツコデラックスが出ていて、この番組はマツコデラックスの出世番組はなので、見ている。若林史江の下ネタが本気で鬱陶しいのだが、我慢している。 番…

いまさらながら「シャーロック」ーー十分日記14

先週土曜日に「シャーロック シーズン4」第二話の感想を書こう。 前回の第一話では悲劇的な物語になった。ジョン・ワトソンの妻が悲劇に見舞われた。ジョンはそれをシャーロックのせいにしてしまう。そこから二人の関係が回復していくというのが、今回の物語…

どうしたシャーロックーー十分日記4

昨日、シャーロックが楽しみだ、と書いておいてなんなんですけど、ずいぶん過酷な展開でした。 シーズン3の最後があの展開でしたから、今後ああいう展開になるというのは予想していましたが、もう少し寝かせてやると思っていました。 ただ、ああいう展開だ…

シャーロックとシーズン4ーー十分日記4

このブログを始めたころ、「Sherlock 」という海外ドラマを紹介しました。ベネディクト・カンバーバッチというイギリスの人気俳優が主演を務めています。名前から分かる通り、あの「シャーロックホームズ」シリーズを原作に、設定を現代のロンドンに移したド…

不倫は誰が悪い?

// 強面、まさりんです。 ふたたび、iPadの音声入力を利用して書いています。基本は音声入力で作り、その変換ミスなどを多少直しました。今回は昨日今日に感じたことを書いておきましょう。今日は眠い。 床屋さんでのこと 攻めるテレ東 昨日のバイキングのこ…

SMAP解散。ジャニーズ衰退の危機?

// まさりんです。 なんとなく、SMAPの「vest」を聞いている。いま四十歳辺りの年齢の人間にとって、「夜空ノムコウ」は思い入れがある曲だという人も多いと思う。リアルタイムの同年代としてあの曲を聴いた時の衝撃はなかった。同年代の思いが詰まっていた…

イッたあと2

まさりんです。 昨日は、昨晩見た悪夢について書いた。今回はそれがストレスのせいだったとして、そのストレス源がどこにあるのかを書きたい。 いくつかある。 しかし、その大きな要因の一つとして確実にいえるのが、タイトルと関わる内容である。 先々月の…

エヴァンゲリオンと宇多田ヒカルと日常と世代と

// まさりんです。 なんやかやと雑務がやってきて、それに忙殺されている。そうならばよいのだが、やることが文章作成だったりするので、「忙殺」というほどではない。そういえば、こういうのを繁忙期というのだが、この忙しいを分解すると「心を亡くす」と…

昔のオタクの気持ち悪さは端から見れば面白い。

アオイホノオ面白かったなあ。リア充がいなくて。

「クロスロード」舘ひろし・神田正輝のダブルキャスト。感想と八つ当たり。

舘ひろしと神田正輝は仲が悪いと聞いたことがある。本当のところどうだかわからない。だが、その二人の関係に乗っかったドラマをやっていた。「クロスロード」というドラマだ。先日、というより先月か、最終回を迎えた。