池波正太郎をめざして

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は明日の風が吹く

今の心境にあわせてブログ名を変更しました。どうぞよろしく。肩の力をさらに抜いてやります。

人類共通の夢を体現する男。

人類共通の夢ってなんでしょうね。

第二十二回「短編小説の集い」課題海 感想集。

七月の末に締め切られた短編小説の集いに出品された作品の感想を書いています。作品とともに、お読みください。

今年の夏、みなさんはいかがお過ごしですか。

些細な夏の一コマ。レスリングの吉田選手の試合、甲子園、枝豆。

コクリコ坂ってどこにあるの?

// 今週のお題「映画の夏」 台風一過のまさりんです。 「映画の夏、ジブリとキンチョウの夏」ドドドン、ドン(ファイア・ワーク)。シャレではなく、昔フジテレビのゴールデン洋画劇場か何かで流れていたCMを思い出す。私の場合、一緒に出てくる女性は小柳…

SMAPの解散。二人の言い分はどちらが正しいと言えるだろうか。

SMAP解散。誰が悪いとか言えないんじゃないだろうか。

終戦の日に思う。憲法改正より前にやるべきこと。

終戦記念日に考えたこと。

アートアクアリウムーー金魚の宴

// まさりんです。 残暑お見舞い申し上げます。 日本橋三井ホールで行われている、「アートアクアリウム2016〜江戸・金魚の涼&ナイトアクアリウム」へ行ってきました。会場のレポートを書きます。 混雑状況 会場内 木村英智氏監修のアクアリウム 混雑状況 ま…

第二十二回「短編小説の集い」参加作品「葉書き」ふりかえり。

// こんにちは、まさりんです。 今日はとても暑い一日になりそうだ。というのも、書き始めたのが前日なので、今日が本当に予報通りになるのかがわからない。予報では都心は三十七度という、馬鹿げた気温になるらしい。 さて、先週はちょいと忙しかったので、…

「宇宙と芸術」展 六本木森美術館

森美術館で開催されている、「宇宙と芸術」展に行ってきました。

十代の選挙。今の若者。

若者について思うことを書いています。生意気なごたくを並べています。

みんな理解者が必要だ。

ねこタクシーの感想です。人生が変わるということ。

「第二十二回短編小説の集い」に参加します。タイトルは「葉書き」です。

// まさりんです。 いつものごとく遅くなってしましましたが、第二十二回短編小説の集いに参加させていただきます。主催者様、お取り扱いお願いいたします。 novelcluster.hatenablog.jp 「葉書き」 葉書きが一枚届いた。 病院のシフトが終わり、久しぶりに…

煽り耐性

// まさりんです。 毎年夏になれば、おんなじことを考えているのかもしれない。夏というのが素晴らしい季節だという感覚が、いつからのものなのか。たぶん近代以降だろう。 夏の代表的レジャーである、海水浴、登山などは江戸時代まではなかった。いま朝七時…

ポケモンGO。

// マサリンです。 今日は軽く。 我々はいま、ものすごい現象を見ているのかもしれない。もちろん「ポケモンGO現象」だ。「バクチク現象」、「氣志團現象」をはるかに凌駕する現象である。 ちなみに、我が家がこの現象に参加することはない。なぜなら、スマ…

昔のオタクの気持ち悪さは端から見れば面白い。

アオイホノオ面白かったなあ。リア充がいなくて。

マナーはもう、死んでいる。

マナーとか昔から嫌いだったのです。食事のマナーについての考察にです。

江戸東京博物館「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」に行きました!

混んでましたが、楽しかったです。ぜひどうぞ。

どうして市川崑は犬神家の一族をもう一度作ったのか。

「犬神家の一族」の裏にはこんな設定が隠されていた。

天皇陛下の生前退位のことを聞いて。

時代が変わるのかね。

ショーシャンクの空に(一九九四)感想

スティーブン・キングの映画のなかで屈指の人気作。その魅力を分析。

スガキヤのラーメン。

// 生まれ故郷のジャスコのエスカレーターは建物の中央にあった。イオンとは呼びたくない。あくまでジャスコだ。 一階は化粧品売り場、食料品売り場、靴売り場、ハンバーガーショップ、お茶屋があった。二階は衣料品売り場。らせん状のエスカレーターをのぼ…

まずいシュウマイの復活方法。良い線行ってるけど、六〇点かな。

// ゆるい糖質制限ダイエットをしているまさりんです。 1,まずいシュウマイを買ってしまった。 2,余ったシュウマイはなんとかならないのか。 3,実験開始! いや、調理開始! ・フライパンで焼く ・フランベは無理。 ・完成しました。 4,実食の結果 …

どのように生きるかを我々はいつ教わったのだろう&恋愛を語る。

久しぶりに見たニューシネマパラダイス。ファンの方も多いと思います。今回改めて見て感じた作品の魅力。そして、ブログで発見した記事について書きました。

第二十一回 短編小説のつどい 「案山子」

// まさりんです。 「第二十一回 短編小説の集い」に参加します。 主催者様、毎度ながらよろしくお願いします。 novelcluster.hatenablog.jp 「案山子」 僕の肩にスズメバチが停まった。休憩しているのだ。スズメバチはその強いアゴで丸めた何かを抱えていた…

実際に見ておきたいもの。

// まさりんです。 今日は東京上野の国立博物館で開催されている、「ほほえみの御仏ー二つの半跏思惟像-」を紹介します。 1,混雑状況 2,半跏思惟像は飛鳥時代の代表的な仏像。ここ試験に出るぞ。 3,日本の方がいいですね。いや右的な意味じゃなくて。…

誰が書いたのかが重要な時代。

今の時代にどんな記事が信用されるのか、考察してみました。大げさに言うとね。雑感です。

父の思い出

忌まわしき父との思い出。

大河ドラマ「真田丸」と一緒に見たい映画。

忍城攻めなどがあっさり終わってしまって、面食らってしまった人も多いと思います。そんな人のためにあの映画について書きました。

映画「シャーロック」

映画版「シャーロック」について書きました。次のシリーズへの招待状のような作品です。

「恋する惑星」

恋する惑星です。個人的に怖いシーンがありました。

羨望と嫉妬

嫉妬と羨望について。羨望って結局子どもの感情なのかもしれませんね。

ゼログラビティ

ゼロ・グラビティ。だめだった。理由はフジテレビのせいだとしておこう。すいません。

「Purple Rain」、「Sign O’ Times」レビュー

プリンスのアルバムの感想を書きました。聞いてみてびっくりしました。

007・スペクター

// まさりんです。 TSUTAYAで借りていた、「007・spectre」を見た。「spectre」とは「幻影」という意味だろうか。(ここからは片仮名表記)このスペクターとボンドは、第一作から戦っていた仇敵だ。冷戦当時に「西側でも東側でもなく、対的情報活動、テロ…

エッセイ書きと小説書き。

エッセイが得意な人と、小説が得意な人。それぞれどういう特徴があるのでしょうか。考えてみました。

機動戦士ガンダム the origin Ⅱ 哀しみのアルテイシア

// まさりんです。 一昨日の六月三日金曜日まで、「機動戦士ガンダムthe origin Ⅲ」が劇場でイベント公開していました。行動力がなく、しかも劇場が行動範囲からすれば行きづらいこともあり、いけませんでした。その代わりというか、前作「機動戦士ガンダムt…

犬神家の一族〇六年度版

犬神家の一族〇六年版の基本情報と感想を書きました。怖い、怖い。

第二〇回短編小説の集い、振り返り。

三〇〇記事目をやっと迎えました。月一恒例の短編小説の集い、前回作品を振り返ってみました。

我流、風邪の治し方。

風邪を引いたときの対処の仕方で、私が実践している方法をご紹介。

第二〇回短編小説の集い参加作、「ミッドナイト・ランブラー」

「第二〇回 短編小説の集い」参加作品です。タイトルは『ミッドナイト・ランブラー」です。

訛り

この「羊と鋼の森」のなかでも、そのような話が書かれていた。微妙に弾き手の好みが変わり、昔よりも少しチューニングが高くなっているのだそうだ。

歴史と白眉

下半身の毛に白いものを見て、歴史を学ぶ意義とつながりました。ごめんなさい。不敬です。

互助会へのお誘い。

// 「勧誘」 その日、スマホの通知欄に鳩のマークが点灯していた。ツィッターの通知だ。法人周りの営業から帰社する途中、八重洲口あたりだった。また、フォロワーが増えたか、メッセージがリツイートされたか。そんなものだろうと思って、アプリを立ち上げ…

千と千尋の神隠し

// まさりんです。 録り溜めてあった映画を見た。 「千と千尋の神隠し」である。公開当初、当然成人していたが、なんとなく見に行きたくなくて劇場に行かなかった。その後、「風立ちぬ」は「見に行かなければ」という思いが募り見に行ったが、その前の作品で…

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

007のパロディなどが入った、ローワン・アトキンソンのコメディ映画。気が楽になるよ。

社会と個人

// まさりんです。 以下の記事を読んで考えたことを、考えながら書くので、前後で内容が変化する場合があります。その点をはじめに分かっていてほしい。ブックマークの一四〇字では書ききれないのでここに書く。 seramayo.hatenablog.com anond.hatelabo.jp …

拡張版、「桜の季節」

小説。

いきなり団子

いきなり団子というケロロ軍曹でおなじみのお菓子を買いに銀座熊本館にいったというお話。

ソーシャルネットワーク2

再び、本作を見て感じたこととともに、ネットに対して考えるところを書きました。

プラトーン

ベトナム戦争を描いた映画で有名なのはいくつかありますが、有名作のうちの一つです。作品の魅力などを書いています。